麒麟がくる

大河ドラマ・麒麟がくる 5話の感想/考察/ネタバレと無料視聴方法

2020年2月16日 20時よりNHKで大河ドラマ『麒麟がくる』の第5話が放送されます。

ここではさっそく、視聴者の方の感想や考察、一部ネタバレ情報などをまとめていきます。

放送地域ではない方や、リアルタイムに視聴できない方などは、
麒麟がくるの第1話~最新話まで今ならフル無料視聴することができますよ♪

↓↓↓
≫大河ドラマ・麒麟がくるを無料視聴する方法


麒麟がくるの第5話の見逃し配信や無料視聴/レビュー/ネタバレ/考察の番組内容とキャスト


番組内容


麒麟がくる,第5話,無料視聴,見逃し配信

出典:https://www.nhk.or.jp/kirin/

王が仁のある政治を行う時に必ず現れるという聖なる獣、麒麟。
応仁の乱後の荒廃した世を立て直し、民を飢えや戦乱の苦しみから解放してくれるのは、誰なのか……
そして、麒麟はいつ、来るのか?

若きころ、下剋上の代名詞・美濃の斎藤道三を主君として勇猛果敢に戦場をかけぬけ、その教えを胸に、やがて織田信長の盟友となり、多くの群雄と天下をめぐって争う智将・明智光秀。

「麒麟がくる」では謎めいた光秀の前半生に光を当て、彼の生涯を中心に、戦国の英傑たちの運命の行く末を描きます。
従来の価値観が崩壊し、新たな道を模索する現代の多くの日本人に向けて、同じように未来が見えなかった16世紀の混迷の中で、懸命に希望の光を追い求めた光秀と数多くの英傑たちの青春の志を、エネルギッシュな群像劇として描き、2020年、新たな時代を迎えるすべての日本人に希望と勇気の物語をお届けします。

明智光秀とはいったい何者なのか?
麒麟は一体、どの英雄の頭上に現れるのか……


タイトル:麒麟がくる
作:池端俊策 前川洋一 岩本真耶
音楽:ジョン・グラム
語り:市川海老蔵
プロデューサー:中野亮平 佐々木 享
演出:大原 拓 一色隆司 佐々木善春 深川貴志
制作統括:落合 将 藤並英樹



キャスト







麒麟がくるの第5話の見逃し配信や無料視聴/レビュー/ネタバレ/考察のあらすじ


ここでは麒麟がくるの第5話のあらすじをご紹介します。


第5話タイトル:伊平次を探せ

麒麟がくる,第5話,あらすじ


道三(本木雅弘)の命を受けた光秀(長谷川博己)は、鉄砲の作り方に加え、なぜ将軍家が鉄砲を大量に必要としているのか探るべく、再び京へ向かう。腕利きの鉄砲鍛冶・伊平次を探しやってきた本能寺で、将軍・足利義輝(向井 理)の護衛でやってきた三淵(谷原章介)と再会をする。将軍家も伊平次を探しているが忽然(こつぜん)と姿を消したという。三淵に連れられて松永(吉田鋼太郎)の元へ向かった光秀は、松永から、鉄砲の真の力とはお互いをけん制させ、戦を減らす抑止力になることであると聞く。


出典:https://www.nhk.or.jp/kirin/




スポンサーリンク

麒麟がくるのファンの声


ここでは麒麟がくるのファンの声をお届けします。
最新情報から放送を見た感想まで色々とまとめていますのでご参考ください。








スポンサーリンク

麒麟がくるの第5話の見逃し配信や無料視聴/レビュー/ネタバレ/考察のレビュー


ここでは麒麟がくるの第5話のネタバレ・感想レビューをお届けします。
ネタバレが気になる方はお気を付けください。

第5話ネタバレ感想【画像あり】








まとめ


今回は「麒麟がくる第5話の見逃し配信や無料視聴は?」と題しまして、番組内容と放送日程、そして麒麟がくるの第5話のあらすじと考察、ネタバレ、感想レビューをお届けしました。

第一話から見返したい方、今回の話を見逃した方、
もう一度、第5話を見たい方は、下記の方法で見逃し配信を見れますのでオススメです。

↓↓
≫大河ドラマ・麒麟がくるを無料視聴する方法

スポンサードリンク