「わからないままに」 COVID-19の非常時を考える

スポンサードリンク
出典: WirelessWire News


相手の正体が一向に判らないままに、日本は戦後初めて「非常時」を迎えている。すべての国民が、明日の自分の命を慮らなければならない事態である。
COVID-19について判っていることは少ない。ヴィルスは生き物ではないが、生き物の中で生き物として機能する。その「生き方」がなかなか賢いといえる。感染力は極めて強い。同時に、致死率はそれほど高くないらしい。この点も、未だはっきりしないのは、例えばフランス、イタリア、スペインなどでの経験からすれば、10パーセント前後になるが、世界平均では3パーセント程度のようだからである。ここで、はっきりした書き方ができないのは、ヨーロッパの中でもドイツでは世界平均の3パーセント程度だし、日本では今のところ2.3パーセントで、世界平均からみてもかなり低いのである。つまり、こうした差が、ウイルスに生じた異型に由来すると説明することにも、困難がある。
このよう

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました