ローカル5Gは民主化の象徴

スポンサードリンク
出典: WirelessWire News

世界を一瞬で機能停止に陥れた新型コロナウィルス感染症(COVID-19)は、2020年春にサービスインしたパブリック5G、自営網5G技術であるローカル5Gなどの情報通信が果たす重要な役割を再認識させる結果となりました。
進化する情報通信技術は、臨場感のある遠隔での社会活動、リアルタイムで大容量のデータを収集・解析して利活用することなどに加え、パンデミックのアウトブレイク予測など、社会の大きな動向の予測を可能としたり、コロナと共に生きるための知恵を与える強靱な知識集約型社会の形成に必須であることが明確になりつつあります。
さらに、2030年頃の実現をめざすBeyond5G/6Gでは、インフラが自ら障害を予測したり、自動修復をすることが期待される自律創発性、さらに従来は想定されていなかった未開拓領域での情報通信の利活用が可能となる展開性・拡張性が注目されています。
これらの新たな可能

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました