『テレワーク時代のメール術』の著者・平野友朗氏が伝える、テレワーク時代の今まさに“メールの活用が求められていること”

スポンサードリンク
出典: @人事



多くの企業でテレワークが導入され、メールを含めたコミュニケーションの方法や在り方が大きく変わった。そこで起きる課題は、メールの活用法によって解決できるものがあるという。10月8日に発売された『テレワーク時代のメール術 評価される人は1通のメールで仕事が終わる』(WAVE出版)は、ビジネルメールの第一人者で、ビジネスメール教育の専門組織・一般社団法人日本ビジネスメール協会の代表理事を務める平野友朗氏が執筆した30冊目の著書。メールの可能性を追求し続けてきた平野氏が「テレワーク時代の今まさに、メールの活用が求められている」と、“テレワークだからこそ活用したい”メールのノウハウや実践法を紹介している。【関連記事】新刊紹介『テレワーク時代のメール術』著・平野友朗今回、発刊にあわせて平野氏から「@人事」読者向けにコラムを寄せていただいた。以下、全文をそのまま掲載する。テレワークが増

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました