8割が成功しないAIの活用の課題を解決し国内の「データとAIの民主化」を実現する--データブリックス・ジャパン

スポンサードリンク
出典: WirelessWire News

AI(人工知能)は、ディープラーニングに代表される機械学習の発展に伴い、ビジネスで様々な活用が進んでいる。しかしAI活用は、「需要予測からIoTまですべての業界にわたるが、80%以上のプロジェクトは満足のいく結果を出せていない」と指摘するのは、データブリックス・ジャパン 社長の竹内賢佑氏だ。
データとAIを活用し、何がビジネスに期待できるのか。竹内氏は、「多種多様なデータを収集し、AIで分析してインテリジェンスを得ることで、売上拡大、コスト削減、生産性向上、イノベーションの加速につなげることができる」と説明する。データブリックス・ジャパンの親会社である米Databricksが提供する統合データ分析基盤のユーザーでは、「NetflixやHSBC、スターバックスなど多くの企業で、予測精度向上や時間短縮、生産性向上などの著しい成果が得られている」(竹内氏)。
一方で、80%を超えるプロ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました