エリートと教養 9 現代日本語考 4 日本語を書く

スポンサードリンク
出典: WirelessWire News

外国人が日本語を学ぼうとしてぶつかる困難の一つは、書字体系が、漢字・ひらがな・かたかなの三種類からなっていることだといいます。無論外国語でも、複数の書字体系があるのは、別段珍しいことではありません。例を英語にとれば、大文字と小文字があり、さらに活字体と筆記体の区別もあります。ギリシャ語にもラテン語にも、大文字と小文字がありますし、古代当初には、大文字だけで、小文字は後から生まれたといわれます。
大体、紀元一世紀頃にラテン語の書体として生まれた大文字の書字系(capitalis monumentalis)が、現在のローマ字の原型なのだそうです。その後、聖書を筆写する場合に書く文字として、新しい字体が考案されたり、大文字をすべて同じ高さにせず、一部の画が標準の高さから上に、あるいは下に少しはみ出る書体が生まれたりしたようです。それが小文字が生まれる出発点だったといいます。その上、ヨ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました