親子で楽しめる新たな夏休みの過ごし方になるか? 「あきた・いなか学校 withワーケーション」が秋田県仙北市のわらび座で初開校

スポンサードリンク
出典: WirelessWire News

8月8日から10日の3日間、秋田県仙北市のあきた芸術村に本拠地を置く劇団・わらび座で「あきた・いなか学校 withワーケーション」が開校された。このイベントは、子供のサマースクールに親のワーケーション(労働と休暇を兼ねた新たな働き方)を組み合わせたものとしては、全国初の試みかもしれない。このユニークな取り組みについて詳しくレポートする。
親子で充実した時間を過ごせるサマースクール&ワーケーション
 本イベントは、熊本県水俣市で「いなか学校」を主催している「みなまたハートリレー」(一般社団法人ハートリレープロジェクト 水俣事務局)を中心に、秋田県仙北市のあきた芸術村、ITコンサルタント会社である「東北ITbook」、地方創生に取り組む一般社団法人「創生する未来」という4団体での共同開催プロジェクトである。
いなか学校は、2010年より熊本水俣市などで展開されている活動で、夏休みに子

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました