ドローンの実用化に向けて規制緩和とセキュリティリスクを再確認

スポンサードリンク
出典: WirelessWire News

ドローンのセキュリティに関しての活動を行う一般社団法人のセキュアドローン協議会は、ドローンにおける5G利用規制緩和と制度改正、それにともなってのセキュリティリスクについてのセミナーをオンラインで行った。
ドローンの市場規模は、機体、サービス、周辺サービスを含めて2019年度に1409億円、2020年は1932億円と大きな伸びが推定されている。ただし、2020年度は新型コロナウイルス感染症の影響が出る前の推計である。2019年度は実証実験 part 2という年で、実証実験実運用に向けた課題が解決してきており、それを受けて2020年度は実運用の年になっていくと見られている。
セキュアドローン協議会では、ドローンの利用分野が、これまでの太陽光パネルの点検、屋根の点検などから、橋梁の点検、プラントの点検などへと徐々に実用化範囲が広がっていくと見ている。農業分野では、農薬散布からリモート

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました