ロックダウンでFintech需要が増加

スポンサードリンク
出典: WirelessWire News

ロックダウンの最中に働き方や買い物をオンライン化する利点や、ストリーミングの利点を「発見」した人が少なくありませんが、イギリスに関しては消費者向けの金融サービスにも激烈な変化が訪れています。
Yobotaが2千人のイギリスの成人ユーザーに調査を実施したところ、2020年の3月以来、64%のユーザーが自身のお金の管理にFintechを使用しており、ロックダウン前に比べなんと42%も増加しています。
ユーザーが使用するサービスでは、口座の確認が88%と最も多く、ついで送金80%、投資からの資金の引き出し35%、金融商品の検索27%となっています。
26%は預金口座を開設し、18%はクレジットカードに申し込み、17%はオーバードラフトの制限金額を上げたと答えています。
オーバードラフトというのは、イギリスの当座預金口座に付帯するサービスで、口座の残金が足りなくなると銀行が自動的にお金を

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました