【ジャパンセキュリティサミット2020】シニア世代・女性の研究者の知見を日本の発展に生かす——ノーベル賞受賞学者 梶田隆章博士も登壇する「光輝会Days」に注目

スポンサードリンク
出典: WirelessWire News

時間的な余裕があり、多くの経験や幅広い視野を持つシニア世代・女性の研究や実業における成果は、現役世代に勝るとも劣らない。シニア世代・女性の研究者や実業家の知見を得られる総合セッション「光輝会Days」が、ジャパンセキュリティサミット2020の一環として開催される
日本には、活躍の場をさらに広げることで社会に貢献できる人たちがいる。それが、旧来の「現役世代」の考え方では取り残されがちな、シニア世代や女性である。これらの人たちの力を余すところなく活用することで、より高い価値を引き出し、日本の国力を維持、発展させることにつなげることができる。
シニア世代や女性の力を発揮できる1つの領域が、研究の分野だ。いわゆる現役研究者は、研究費の獲得から目先の成果を求められる短期的な研究への要請まで、制約が多く、活動が限られてしまう。ところが、研究活動や実業界で多くの実績を上げているシニア世代や女性

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました