【新教養主義的読書術】9月24日(木曜)21:00〜22:30:山形浩生『結局、ケインズ経済学か?』 新教養主義宣言・トークイベント vol.8

スポンサードリンク
出典: WirelessWire News

「アベノミクスは幻想だった」という言論が優勢を占めているように思われますが、実際は“よくわからないな”というのが皆さんの実感でしょう。これがよくわからないのは私たちが本当の意味でケインズ経済学(マクロ経済学:macroeconomics)を学んでいないからかもしれません。というわけで、「新教養主義宣言・読書術編」第8回(山形浩生編第2回)は山形浩生(やまがた・ひろお)氏に、テーマをケインズ(John Maynard Keynes)に据えて、3冊の本だけでマクロ経済学を学ぶと同時に、アベノミクスを評価しちゃおう、というオンラインイベントになります。
新教養主義宣言につきましてはこちらをご覧ください。
参加申込はこちら
内容詳細
アベノミクスの“三本の矢”は、1)量的金融緩和、2)公共事業投資、3)イノベーション政策、であった、ということになっております。で、7年以上に及ぶ安倍内閣で

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました