【ジャパンセキュリティサミット2020】5年後のセキュリティの柱、「テレワークセキュリティ」と「ゼロトラスト・アーキテクチュア」 ―ラック―

スポンサードリンク
出典: WirelessWire News

ラックは、5年後を見据えてセキュリティを確保したネットワークを構築するために、「テレワークセキュリティ」と「ゼロトラスト・アーキテクチュア」の2つのソリューションの利用を提唱する
新型コロナウイルス感染症対策による急速なテレワークや在宅勤務へのシフトは、自宅などにあるサイバーリスクへの対策が手薄なIT機器を業務で使う状況を生み出した。対策の不備により、マルウエアの感染に気付かず周囲に感染を広めてしまったり、感染発覚後に適切な対応を取れず被害を拡大させてしまったりすることが生じる。こうした状況は、現実世界の新型コロナウイルスの感染と類似点も多く、サイバーリスクの危険性を自分ごととして感じられるようになってきているだろう。
こうした状況で、今後の企業や官公庁のシステムには、これまで以上にデジタルトラストを意識したネットワークが求められる。ラックでは、今後のセキュリティを確保したネット

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました