【ジャパンセキュリティサミット2020】クラウドサービスの安全を担保する認証制度と評価制度とは ―CSAジャパン―

スポンサードリンク
出典: WirelessWire News

クラウドコンピューティングは広く利用されるようになってきて、安全性も高まってきている。しかし今でもなお、様々なセキュリティリスクが指摘され、国際的な議論が交わされているのが現実だ
クラウドコンピューティングは発展と実用の広がりが急速に進んでおり、すでに社会的情報基盤となった。システムを導入するときに、オンプレミスによる構築を前提にする時代は過ぎ去り、クラウドファーストで構築することが政府から民間までで当たり前になりつつある。
これは、クラウドコンピューティングを提供するメーカー、ベンダーがセキュリティレベルの向上に取り組んだ結果であり、セキュリティリスクを一定レベルまで払拭できるようになった成果と考えられる。一方で、クラウドコンピューティング市場や利用範囲の拡大に伴い、今だに様々なセキュリティリスクが指摘され、国際的な議論が交わされている状況でもある。
そうした中で、日本クラウド

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました