【ジャパンセキュリティサミット2020】無線LANやBluetooth、QRコード決済からランサムウエアまで、DXの影に潜む脆弱性の実態と対策 —IISEC/神戸大学大学院—

スポンサードリンク
出典: WirelessWire News

DXを実現するための身近なツールには脆弱性が散見され、サイバー攻撃の対象になる可能性がある。無線LANやBluetooth、QRコードの脆弱性とランサムウエアの現状はどうなっているのだろうか
DX(デジタルトランスフォーメーション)の推進の効果が訴求されているが、一方でDXの進展はサイバーセキュリティにとって脅威であることも事実として認識しなければならない。DXを実現するための身近なツールには脆弱性が散見され、サイバー攻撃の対象になる可能性があるのだ。
オフィスや家庭、街中でも利用が進む無線LAN、近距離で機器同士をつなぐBluetooth、情報アクセスからスマホ決済まで幅広く利用されるようになったQRコードなど、身の回りに多くのDXの入り口がある。すでに社会的基盤ともいえる無線LANやBluetooth、QRコードに脆弱性があれば、サイバー攻撃を仕掛ける側にとっても絶好の入口に

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました