【ジャパンセキュリティサミット2020】チップを狙うサイバー攻撃の現状と採りうる対策を知る —ラムバス—

スポンサードリンク
出典: WirelessWire News

高度化したチップはセキュリティの脅威にさらされるリスクが高い。すなわち、チップには、世の中で想定されるあらゆる攻撃に対する耐性が要求されるのである
様々な電子機器に組み込まれて、その頭脳や通信を担うチップ。高度化したチップはセキュリティの脅威にさらされるリスクが高い。例えば、価値の高い資産を保有しているチップに対しては、高強度のリバースエンジニアリングの脅威がある。すなわち、チップには、世の中で想定されるあらゆる攻撃に対する耐性が要求されるのである。
このようにセキュリティ機能を持つチップは、その保有資産に応じて様々な脅威にさらされることになる。低コストのソフトウェア経由の攻撃から、高コストの電子顕微鏡による攻撃まで、その脅威のレベルや多様性は幅広い。
こうしたセキュリティ機能を持つチップに対する守りとしては、外部からの読み取りや改ざんの難易度を高める耐タンパソリューションが持ち

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました