【ジャパンセキュリティサミット2020】エンドツーエンドのセキュア通信を実現するIoT向セキュリティ「KATABAMI」とは―SYNCHRO―

スポンサードリンク
出典: WirelessWire News

ネットワーク上の情報の価値が高まり、サイバー攻撃の対象になりやすくなってきている。元々の仕組みとしてセキュリティの概念がないIP通信に対して、セキュリティを強化する仕組みが求められている
IoTの広がりやテレワークの活用により、これまで以上に多くの機器をネットワークに接続して利用するようになってきた。ネットワーク上を流れる情報が質量ともに増加するとともに、その重要性も高まっている。すなわち、ネットワーク上の情報の価値が高まり、サイバー攻撃の対象になりやすくなってきているといえる。
特に、元々の仕組みとしてセキュリティの概念がないIP通信に対して、セキュリティを強化する仕組みが求められている。IPアドレス(IPv6)と暗号鍵に数学的な関連を持たせて“なりすまし”“ 中間者攻撃”を原理的に抑止するのが、SYSNCHROの「KATABAMI」である。KATABAMIは、オープンソース・

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました