【ジャパンセキュリティサミット2020】組織だけでなく個人のサイバーセキュリティ意識を向上させる「情報リテラシー啓発のための羅針盤」の真髄 ―ラック―

スポンサードリンク
出典: WirelessWire News

サイバー攻撃では、防御の弱いところを狙われるため、一人ひとりのネットの使い方や機器の扱い方、セキュリティ意識向上が不可欠だ。ラック サイバー・グリッド・ジャパンは情報リテラシー啓発のための指南書を公開し、啓発活動を行っている
サイバー攻撃は、組織やサプライチェーンの中で防御の弱いところを攻撃してくる。大手の企業や行政では、事業継続や扱う情報の保護のため、多くのコストをかけてサイバーセキュリティを確保しているが、実は一人ひとりのネットの使い方や機器の扱い方、セキュリティ意識が向上しないと、そこが弱点になり攻撃の対象になる。
企業など特定の組織を守るだけでなく、個人レベルのセキュリティ意識や対策を向上させる必要があるのだ。特に、昨今の新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、多くの人が在宅勤務などで日常的にICTを利用するようになったこともあり、個人のセキュリティ意識やリテラシーの向上は

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました