様々なコンテンツ部品をネットワーク上にセンス良く配置した「体系」全体が一つの作品と認識される時代に

スポンサードリンク
出典: WirelessWire News

インターネットをシンプルに説明すると「ある程度の量のデジタルデータを仮想的な小包(Packet)に包んで、TCP/IPというプロトコル・スタック(通信のための取り決めの集合体)に従って伝送すること」になる。つまるところインターネットは、手続きを記述しただけの仮想的なネットワークに過ぎない。従って、物理層はなんでも良い。既にエンドユーザーから見れば、電話線や光ファイバーすら不要になってきており、無線が現在のインターネットの主流になっている。
電話は、音声を電磁波に変調して物理的な電話線(ツイストペア・ケーブルなど)を通じて伝送し、受け手が復調することで音声が聞ける仕組みとしてスタートしたが、音声データをインターネットで流す、ということは、電話線を使わずに通話というサービスを提供できるようになったということに他ならない。
少々ややこしい物言いになるが、これは、電話がインターネットとい

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました