【ジャパンセキュリティサミット2020】コロナ対策で急増した「リモート接続」により見直しを迫られるセキュリティ対策の現実――アライドテレシス

スポンサードリンク
出典: WirelessWire News

新型コロナウイルス感染症(COVID-19) の流行により、テレワークやリモートワークをはじめとしたリモート接続によるアプリケーションの利用が急増している。インターネットが普及したことの大きなメリットとして利便性を享受しているが、半面でインターネットに接続されているすべての機器が脅威にさらされていることも認識しなければならない。私たちはこのリスクを十分に自覚し、セキュリティ対策を見直す必要があるのだ。
セキュリティリスクの1つが、分散ロケーションに起因するもの。管理者の目が届かない分散リモートサイトをいかに集中管理するか。不可視化したリモートサイトをどのように可視化するか。問題点を「見える化」することで対策を「わかる化」する技術とソリューションが必須となっている。
アライドテレシスは、こうした分散ロケーションに対応したセキュリティソリューションを複数提供している。その1つが、アプ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました