『コミュ力なんていらない –人間関係がラクになる空気を読まない仕事術 – 』著・石倉秀明

スポンサードリンク
出典: @人事



700名以上でリモートワークを行なうキャスター(宮崎県)の、取締役COO 石倉秀明氏の新刊『コミュ力なんていらない –人間関係がラクになる空気を読まない仕事術 – 』が8月27日にマガジンハウスより刊行された。リクルート、リブセンス、DeNA、キャスターと複数の企業を渡り歩き、営業成績は常にトップクラス。現在はキャスターの取締役で、報道番組のコメンテーターを務め、数多くの講演にも登壇している石倉氏は、実はコミュ障であり、パニック障害でもあるという。「コミュニケーションが苦手な中、仕事で成果を出してこれたのは、苦手な方法で勝負をせず、勝てるパターンを習得していたから」と語る石倉氏が、どのように仕事で成果を出してきたか。同書でそのコツやテクニックを紹介している。今回、発刊にあわせて「@人事」読者向けにコラムを寄せていただいた。以下、全文をそのまま掲載する。苦手なことは避けて、

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました