イギリスではロックダウンでストリーミングが大人気に

スポンサードリンク
出典: WirelessWire News

コロナ騒動でメディアのあり方が激変しているわけですが、イギリスで最も大きな影響があったのがストリーミング業界で、今後のコンテンツ消費の方向性を大きく変えるとみられます。
前々回にご紹介したイギリス通信庁の最新調査では、コロナのロックダウン以後のメディア消費の最も大きな変化として、テレビやオンラインコンテンツの消費が大幅に伸びた点が指摘されています。
1人あたりの視聴時間はなんと、1日に6時間25分で1週間にすると45時間です。これは昨年同時期より30%増加しています(Ofcomの「Lockdown leads to surge in TV screen time and streaming」)。増加の最も大きな後押しとなったのが、オンラインのストリーミング・サブスクリプション視聴の増加で、昨年の同時期の2倍です。
特にこのトレンドは、16歳から34歳で顕著です。成人全体では、メデ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました