楽しい山の温泉めぐりと失われた宿 ウイスキーと酒場の寓話(34)

スポンサードリンク
出典: WirelessWire News

大きな風呂に浸かって思い切り手足を伸ばし、「あ”ーーーっ」(アとウとガの間のような音のつもり)と唸る。本当に温泉は良いものだ。しかし、温泉といってもピンキリである。何度でも行きたくなる温泉の条件はいくつかあるが、「源泉の湯をそのまま引いている」ということが重要である。
大規模な温泉地では、豊富な源泉の湯を何軒もの宿で利用している。これが必ずしも悪いとはいわないが、湯が足りなくなると、循環させて何度も使う、真水を加えて量を増やすと、いった方法で多くの宿に湯が回るようにしていたりする。
実際、有名な温泉地であっても、循環・塩素漂白・ろ過という方法で、同じ湯を何度も使っているところもあるようだ。トロリとしたお湯の感触は、「さすがは温泉」なのではなく、実は皮脂を中心とする汚れだったりもするのだという。もちろん塩素で漂白してあるので透明だ。塩素は、水道にも使われているので馴染みはあろうが、

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました