在宅ワーク時代にハンコの弊害が顕在化、高まる電子契約の必然性

スポンサードリンク
出典: WirelessWire News

「押印がなければ会社に行かなくて済むのに」。こうした嘆きの声が多くの働き手の口から漏れるようになったのは、2020年の時代を象徴することだろう。
新型コロナウイルスの影響で、働き方に変化の圧力が加わっている。これまで何度も旗が振られてきたにもかかわらず定着しなかった、在宅ワークなどのテレワークが急速に広まったのもその1つ。業種や業態によって、テレワークなど夢のまた夢ということももちろんあるが、一定の割合のオフィスワーカーはテレワークでも業務が回ることを実感することになった。そこに壁として立ちはだかるのが、日本のビジネス慣習に埋め込まれたハンコの文化だ。紙の書類への物理的な押印は、「出社」とセットの仕組みだったのだ。
これまでの合理性がコロナ禍で裏目に
「これまでの日本では、商慣習、法制度、裁判判例の3つがひもづいて、ハンコが便利で手軽な社会になっていた」。こう指摘するのは、電子契

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました