頭がいい人は「目」がいいというのは本当か? AIの思考力の可視化に挑む。

スポンサードリンク
出典: WirelessWire News

つい先日、「頭がいい人は目がいい」という内容の記事が一部で話題になった。
その仮説は、普段から僕が考えていることと付合している部分が多いように思えたので、実際に思考力が高いことと視覚は直結するのか実験で確かめてみることにした。
まず、今時、AIがディープラーニングで犬と猫を見分けたと言っても、それだけで「AIは人間より思考力が高い」と考える人はいないだろう。
なぜなら人間ならば子供でも「犬か猫か」を見分けることは可能であり、その精度をいくら高めても、人間にとって必要な能力とはどうしても考えづらいからだ。
しかし昨今のディープラーニングの進歩というのは、最初はまず明らかに視覚という分野で一大ブレークスルーが起きたことから始まっている。
そして視覚のブレークスルーが起きたかなり早い段階で、人類は最も戦略的なゲームと言われる囲碁で、AIを前に完敗した。
AlphaGoと呼ばれるAIが世

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました