「自らの『生』を問う」 ALSを患った女性の死から

スポンサードリンク
出典: WirelessWire News

ALSで重篤な状態に陥った患者が、SNS上で安楽死を望む投稿をし、それに二人の医師が応じた事件で、世評はいろいろと喧しい。何でも政治家や政府のせいにしたがる人々は、首相がいち早く否定的な見解を発表しないことを、手抜きとして非難する始末である。また、医師が報酬を受け取ったことを以て、安楽死問題とは一線を画すべき事件である、とする主張も結構流行っている。新聞紙上でも、難病の患者の苦しみに寄り添う医療を医師は考えなかったのか、などという批判もあったが、むしろ医師が患者の苦しみに「寄り添った」からこその結果であった、という解釈も成り立つということをどう考えるのか。
つまり、この問題はそう簡単に賛否を論ずべき性格のものではなく、様々な要素を考え、それらを広げて、判断しなければならないのではないか。患者の親のコメントの中に、医師に対する心配りが全くなかったのは、緊急の発言要求に応えたものと

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました