ZOOM時代の説得力は撮影環境に比例する

スポンサードリンク
出典: WirelessWire News

もはやZOOMで会議するのが当たり前になった。
「クリーニング屋に行かなくなったな」と思った。もともとスーツを着ることは滅多になかったが、大事な会議の時にワイシャツと上着だけ着たくらいでは、毎回クリーニングに出すほどでもない。
こうなると、選挙におけるポスターと同程度に重要なのがカメラと撮影環境である。
正直、最初は嬉々として撮影機材を揃えている同輩たちに「また散財の口実を見つけたか」といささか冷ややかな目線を送っていたのだが、実際に見てみると、「これはもう服を着ないのと同じくらいにはまずいことになりそうだ」と考えを改めた。
なぜスーツを着るのか。
スーツが苦手な自分が、敢えてここ一番の時にスーツを着る理由は「説得力を増すため」である。
基本的にスーツは仕立てている。筋トレして体格が変わったのが主な理由だが、スーツを仕立てることで求めているのはやはり説得力である。
「この人は特別

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました