為政者には非難を受け入れる寛容さが、市民には人は常にベストの選択肢を選べるわけではないことへの理解が必要とされる

スポンサードリンク
出典: WirelessWire News

書籍は単著(著者が一人の書籍)が普通で、対談本や共著はどちらかといえば変則的な出版物だ。一般的に単著と比較して共著は(通常は)売れにくいからである。しかし、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策のための緊急出版ということになると、ハナシは別だ。執筆陣は非常に厳しいスケジュールでまとまった論考を求められる。談話を収録できただけでも御の字、という売れっ子も含まれるだろう。「本」という形式ではあるが、深い論考のための猶予が与えられていないので、こういう緊急時の作り方はかなりテレビ的になる。全体のキャスティング、そして誰をクローズアップする/しない、ということが売れ行きを左右したりもする。
加えて、タイミングが重要になる。今回は敵の正体が「わかりにくい」ということもあり、(出版が)早過ぎれば「売れるかもしれないがウソになる確率が高まり」、遅過ぎると「言論としては間違っていないが

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました