晩飯の待ち合わせはバーにしよう ウイスキーと酒場の寓話(33)

スポンサードリンク
出典: WirelessWire News

誰かと晩飯を食べに行くというときには、「待ち合わせ」というものが必要になる。どこで待ち合わせるかというのは、実はけっこう大きな問題であり、いろいろなことが問われもする。良いレストランやホテルなどには「ウエイティング・バー」というものがあるように、バーで待ち合わせるというのは最も優れた待ち合わせの形ではなかろうか。
以前、独りで晩飯に出かけるときにはバーから始めるのが快適だ、と書いたが(3. 晩飯はまず「バー」からはじめよう)、その日のメンバーが2人、もしくは3人程度であるならば、やはりバーで待ち合わせたいものである。
もちろん、酒は種類や銘柄によらず空きっ腹が一番美味い、ということも理由の一つである。晩飯を共にする相手によっては、先に少し飲んで「下駄を履いた」状態で食事に入ったほうが好都合なこともある。「とりあえずビール」などといって、好きでもない銘柄や劣化した生ビールなどを無理

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました