DXの鍵を握る5つのキーワード

スポンサードリンク
出典: WirelessWire News

デジタルトランスフォーメーション、略してDXという言葉がある。
この言葉から感じる違和感はとてつもないものだが、もはやこれが定着してしまったので、気持ち悪いけれども使うしかない厄介な用語だ。
筆者も仕事上の必要に迫られて、DXについて調べたり、有識者にインタビューしたりしたことで、わかってきたことがある。
DXは、多くの企業で誤解されているということだ。
というのも、「DXせよ」という大号令をかけたのは経産省で、その根拠は2025年までにSAPなどの基幹システムの保守期限が切れたり、そもそも古い基幹システムを運用・維持できる人材がいなくなったりするからだ。
そのために「基幹システムを刷新しましょう」という大号令を経産省がかければ、そりゃあITゼネコンの営業担当者たちは大喜びで提案書を書くだろうし、古い基幹システムに普段から不満たらたらの大企業ユーザーのCIOにしても「よくわからな

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました