【徹底解説】8月7日(金曜)18:00〜20:30:村上陽一郎『ポストコロナ時代に私たちが身につけなければならない考え方とは何か』 新教養主義宣言・トークイベント(vol.5)

スポンサードリンク
出典: WirelessWire News


新教養主義的トークイベント vol.5
「新教養主義的・トークイベント」第5回は村上陽一郎氏による『ポストコロナ時代に私たちが身につけなければならない考え方』です。『コロナ後の世界を生きる〜私たちの提言』(岩波新書)が話題の村上氏ですが、彼の感染症に関する研究は実は彼の大学院生時代からスタートしています。このときの論文を加筆・修正したものが1983年の『ペスト大流行』(岩波新書)として発行され、科学哲学による考察を軸に、感染症に立ち向かう当時の科学者の様々な試行錯誤を見事に描き出しました。その後も科学と技術について、“安心と安全の哲学”の観点からの徹底的な考察を繰り返し、1998年発行の『安全学』(青土社)に結実しています。様々な流言や怪しい提案が飛び交い、“本当のこと”が見えにくくなった状況の中で、今一度立ち止まって、中世ヨーロッパ崩壊の歴史を注意深く観察してきた村上氏の知見

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました