【コロナ対策】経済産業省が家賃支援給付金の申請受付を開始。最大で法人に600万円、個人事業者に300万円を一括支給

スポンサードリンク
出典: @人事



申請受付用「家賃支援給付金ポータルサイト」もオープン経済産業省は7月14日、地代・家賃(賃料)の負担を軽減する「家賃支援給付金」の申請受付を開始した。法人に最大600万円、個人事業者に最大300万円を一括支給する。申請期限は2021年1月15日までで、電子申請でも受け付ける。「家賃支援給付金」は、5月の緊急事態宣言の延長などの影響により、売上の減少に直面する事業者の事業継続を下支えするのが目的。支給対象は、資本金10億円未満の中堅企業、中小企業、小規模事業者、フリーランスを含む個人事業者で、2020年5月から12月までの期間の売上高が、「1カ月で前年同月比マイナス50%以上」または「連続する3カ月の合計で前年同期比マイナス30%以上」であり、かつ自らの事業のために占有する土地・建物の賃料を支払う事業者。以下、経済産業省発表の情報、資料を抜粋して紹介。※以下の記載情報は編集

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました