細かな地元情報を拾い、アーカイブする。現代のローカルメディアに問う社会関係資本の重要性 ヨコハマ経済新聞編集長・杉浦裕樹氏 − 日本を変える創生する未来「人」その14

スポンサードリンク
出典: WirelessWire News

地域に根差したビジネスやカルチャーのニュースをWebで配信している老舗メディア「みんなの経済新聞ネットワーク」(以下、みん経)。読者の方々も地元の名前を冠した「○○経済新聞」というネットニュースを見たことがあるかもしれない。この「みん経」、現在では120以上もの地方局と10以上の海外支局も持つ、一大ネットワークを構成している。
最初のメディアは「シブヤ経済新聞」だったが、これが広がるきっかけとなったのは、横浜で地域プロジェクトを展開していたある地方編集部の存在だった。今回の創生する未来「人」で紹介するのは、みん経で二番目の媒体となる「ヨコハマ経済新聞」の編集長・杉浦裕樹氏。その馴れ初めから今後の展望までを聞いた。
中央集権的でない、緩やかなネットワークで結ばれた「古くて新しいメディア」
みん経は、広告制作会社の花形商品研究所の西 樹氏が、渋谷地域の「いま」の情報を伝えようと200

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました