アメリカ政府「H-1B」ビザの発給停止の驚き

スポンサードリンク
出典: WirelessWire News

アメリカ政府は、高度な技術を持つ労働者のための「H-1B」ビザ発給の一時停止を決定しました。新規発給の規制は2020年末まで続きます。
短期の非農業季節労働向け「H-2B」や交換研究者なども使用する「J-1」、企業内転勤者向けの「L-1」のビザも規制の対象となるので動揺が広がっています。
日本ではそれほど話題になっていないのですが、テック業界的には経営の面から見て非常に頭の痛い問題です。
アメリカのテック業界の人材の多くは、海外からやってきます。シリコンバレーの場合は働く人の約70%が海外生まれです。さらに、その60%以上が修士以上の学位を持っているので高度技能人材に該当します。
私の同級生の多くも同様ですが、アメリカに留学する外国人の多くは学士や修士、博士号を取得した後に、1年間有効なオプショナル・プラクティカル・トレーニング(OPT)というビザで研修生のような形で働いて、会社

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました