カルビーが7月からオフィス勤務者約800人を対象に原則「モバイルワーク」へ移行

スポンサードリンク
出典: @人事



在宅勤務などテレワークの無期限延長・単身赴任の解除・通期定期券代の支給停止カルビーは(東京・千代田)は6月25日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、7月1日からオフィス勤務者約800人を対象に、原則「モバイルワーク」へ移行すると発表した。モバイルワークは2017年に同社が在宅勤務制度を発展させて設立した、利用日数や場所の制限をなくして働ける制度。3月下旬以降、オフィス勤務者は原則在宅勤務としていたが、今回の発表により在宅以外でも働けるモバイルワークの働き方を無期限で延長し、さらにフレックス勤務のコアタイムを廃止。出社率30%前後に抑える。また、モバイルワークを原則とするため、業務に支障がないことを所属部門が認めた場合は、単身赴任を解除する。また出社を制限することで通勤定期券代の支給を停止し、出社時の交通費の実費支給に切り替えるほか、モバイルワークの環境整備に必要な費用

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました