障がい者の就職件数が11年連続で増加。差別に関する相談は前年度比21%増

スポンサードリンク
出典: @人事



2019年度の新規求職申込件数は223,229件。就職率は46.2%厚生労働省が6月22日に発表した「令和元年度の障害者の職業紹介状況」によると、2019年度にハローワークを通じて障がい者が就職した件数は103,163件で、前年度比0.8%増だった。新規求職申込件数は223,229件で就職率は対前年度差2.2ポイントの減の46.2%だった。【TOP写真はイメージ】このうち、精神障がい者の新規求職申込件数は107,495 件で、対前年度比6.1%の増。就職件数は49,612 件で、対前年度比3.3%増だった。一方で、ハローワークに届け出のあった障がい者の解雇者数は、2,074人で前年度比で94人増えた。就職件数(件)対前年度差(比)就職率(%)(対前年度差)身体障がい者25,4841,357件減( 5.1%減)41.1(2.7ポイント減)知的障がい者21,899335件減(

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました