国際標準と部品レベルの対応が急務になるIoT機器のセキュリティ対策のこれから

スポンサードリンク
出典: WirelessWire News

IoT 化が進む産業制御システムのセキュリティをどのように確保していったらいいのか。その答えを見つけるきっかけになるセミナーがオンラインで開催された。「押さえておきたい!IoT機器のセキュアなライフサイクル管理とは」と題したセミナーで、サイバートラストが主催したもの。IoTセキュリティの国際的な最新動向と、求められるソリューションの両面から解説があった。
前半は、「IoT セキュリティ最新動向」をテーマに、セキュアIoTプラットフォーム(SIOTP)協議会 事務局長の白水公康氏が講演した。現状の理解として、ネットワークにつながるデバイスが増加し、全世界で400億台とも言われるようになり、IoTが社会インフラ化していることを指摘。しかし、そうしたIoTデバイスの7割が脆弱性を抱えているという。「ヘルスケアや交通、社会インフラは重要インフラでありながらもIoTデバイスが原因となるよう

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました