本当に必要な「勤怠管理」を実現する“勤怠管理システムの条件”

スポンサードリンク
出典: @人事



従業員の労働時間や出退勤時刻を把握するために必要な「勤怠管理」。タイムカードによるアナログな管理からクラウド型の勤怠管理システムまでさまざまな管理方法あります。それなりの手間とコストをかけて行っている勤怠管理ですが、企業によってはただの勤務記録の集計になってしまっている場合も。こうした状況をそのままにしておくことは、コンプライアンス違反につながることもあるので注意が必要です。自社の勤怠管理が「長時間労働の是正や業務効率化につながっているか」、それとも「ただの計算に終わっているか」。この2つを分ける勤怠管理システムの条件について、勤怠管理における問題点を探りながら考えていきます。【解説:ウェブサーブ株式会社】目次 本来の「勤怠管理」ではなく「勤務計算」になっている現場の特徴 勤怠管理はコンプライアンス違反を未然に防ぐために行う 勤怠管理を浸透させ、従業員の生産性を向上させる

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました