コロナで住宅の評価が激変する

スポンサードリンク
出典: WirelessWire News

イギリスでは、コロナ後の世界の議論が活発化してきていますが、その中でもとても注目を集めていることの一つが住宅事情です。
イギリスはコロナ以前にも、Brexitで住宅市場が来年くらいまでは低迷すると言われていましたが、基本的には人口が増えているため全国的に住宅不足で、北部などの過疎地を除くと住宅価格が上がっているところが多いのです。
ここ20年ほどの働き方の変化で、ロンドン中心部や他の大都市の真ん中に住むというスタイルは人気がなくなってきており、郊外や地方のより環境の良いところに住むという人が増えてきています。
しかし、それでも打ち合わせが便利だったり、都市生活を楽しみたいということで通勤圏に住む人も少なくないために、大都市郊外の住宅地の物件の価格はかなり割高でした。
しかしコロナ騒ぎで、通勤圏は人が密集していることもあり、再度感染症騒ぎが起きた場合のことも考えて、もっと遠隔地に引

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました