スーパー書評「漱石で、できている」4トクヴィル『アメリカの民主政治』 「デモクラシー」の負を克服する責務

スポンサードリンク
出典: WirelessWire News

かつて第二次世界大戦中のイギリスの首相ウィンストン・チャーチルは、「デモクラシーは最悪の政治形態である、ただし、過去折々に試されたすべての政治形態を除けば」という見事な警句を残しました。イギリス知識人の典型の言らしい、ウィットと皮肉のなかに、真実を刺す言葉として伝えられています。
敗戦の年、小学生だった私は、戦後唯一の娯楽でもあったラジオ放送で、日曜日のゴールデンタイムに流された「真相はかうだ」に、強く印象付けられました。要するに、戦時中の権力者の不法・無法を暴露するもので、そのときの対象絶対否定の言辞が「封建的」であり、その反対が「民主的」でありました。私の記憶に間違いがなければ、この番組では、冒頭、アナウンサーが荘重な口調で「天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず」と毎回宣言するのでした。
この番組は、後に判ったことですが、GHQの制作だったということですが、いずれにし

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました