橋本治さんなら、今、何を思うでしょう?

スポンサードリンク
出典: WirelessWire News

2019年1月に亡くなられた、橋本治さんによる新刊『そして、みんなバカになった』(河出新書)が4月28日、刊行になりました。河出書房新社でこの新書を担当された辻さんに、この本の内容と今これを出版したのはなぜなのかについて寄稿していただきました。
この本は、かつて雑誌に掲載されたものの現在では読むことが難しくなっている、橋本治さんへの貴重なインタビューをまとめた書籍です。「熱風」編集部、小柳学さん、木村俊介さん、「考える人」編集部、前田塁さん、仲俣暁生さんがそれぞれ聞き手となったインタビューを収録しています。
良いインタビューというものは、ただ語りを文字にしただけの単純なものではありません。プロのインタビュアーは、答える側を即興のやりとりで刺激し、思考を活発にさせ、時に本人ですら意外に感じる言葉を引き出します。
インタビューが雑誌掲載される際には、インタビュイーやインタビュアー、

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました