小さなdoの積み重ねが地域・行政・企業をつなぐ。塩尻市のスーパー公務員・山田 崇氏が推進する超ユニークな地方創生アプローチ−日本を変える創生する未来「人」その12

スポンサードリンク
出典: WirelessWire News

かつて一度でも長野県塩尻市を訪れたことがある方ならば、現在の同市の大きな変化に戸惑いを覚えるだろう。いまや塩尻市は、地方創生のロールモデルとして、全国の自治体だけでなく、民間企業にもその名が知れ渡る存在になったからだ。その成功には「元ナンパ師の公務員」を自称する名物スーパー公務員の存在があった。塩尻市役所企画政策部地方創生推進課の山田崇(やまだ たかし)氏だ。今回の創生する未来「人」その12では、これまで同氏が進めてきた非常にユニークな地方創生の取り組みと今後の展開について紹介したい。
元ナンパ師のユニークな発想が地方行政の在り方を変えていく
昨年、山田崇氏は『日本一おかしな公務員』(日本経済新聞出版)という書籍を上梓し、大きな話題を呼んだ。地方行政や地域創生に関わる人ならば、すでに目を通したことがあるかもしれない。
もともと同氏は、雑誌『TURNS』の表紙を飾ったり、「地域に

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました