家で飲まざるをえない状況で ウイスキーと酒場の寓話(23)

スポンサードリンク
出典: WirelessWire News

家で飲む、あるいはZoomなどのビデオ会議システムを使ってオンラインで飲む、というときの問題は、「自宅では、酒がすぐに無くなってしまう」に尽きるのではないだろうか。どんな格好をするか、背景はどうするか、などはそれに比べたら些末な問題である。
田舎ならクルマでないと酒を買いに行けないし、徒歩圏内に酒を買えるところがあったとしても、何らか妥協をせざるを得ないことは多いだろう。もちろん、十分な買い置きをしていない、ということもその原因の一つではあるが、例えばビールや白ワインの買い置きがあったとして、それらを全部、飲み頃の温度に冷やしておくのか、と考えると冷蔵庫にそんなキャパは無いのが普通だ。
これが飲食店だと延々とオーダーし続けられるわけで(在庫がある限りではあれど)、本当に有難いことなのだ。今さらながら「店があるのは有難い」ということに気付かされるのである。店で飲む方が、もろもろ身軽

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました